モラレスだけど日向

張り切って習い事のワークショップに出席するべく民家を出たわたし。フィールドのターミナルの改札口のあっという間に前に、551がある。言わずと知れた豚まんというアイスキャンディーのお店。ワークショップの始まる時間には未だに十分に中があった。豚まんの店にはいくぶんやつが並んでいるけれど、アイスキャンディーの店の方には、誰も並んでいない。「はい。決めた。アイス食べようっと。」改札を出たわたしは、551に直行した。アイスの入ったボックスの中から、乳房味わいを一本選んでキャッシュを払った。座って取るような所はなかったので、立って食するしかない。で、売店のハードルにもたれて食べていた。すると、通り過ぎて出向く人たちが、「お、アイス食ってる。うまそう。自身も食おうっと。」という、551でアイスを買い始めた。あっと言う間に、単なる列ができた。もしかして、わたし、551の広告塔になったかな。サンドイッチマンで、雇ってもらおうかな。因みに、ワークショップはお盆休日だった。今どき、わたしは、551の広告塔になるためにここに来た感じだった。
歯の黄ばみを取る方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です